司法書士の福島崇弘先生(名古屋校の宅地建物取引士講師)からメッセージが届きました。【司法書士試験の基準点発表を受けて】

司法書士試験の基準点発表を受けて



先だって、平成27年度司法書士試験の択一の基準点が発表されました。

午前 35問中30問

午後 35問中24問

との結果となりました。

感想としては・・・午前が高いなあーと言う感じです。

データリサーチ見てると、30問でしょうが、正直、午前は29問にして午後で絞った方がいいような気はしますが・・・モヤモヤしますね。

 ただ結果として出てしまった以上は仕方ありません(モヤモヤしますが)。

今年の試験で基準点に達しなかった方は、早いうちに来年向けの学習を再開してください。

その中でも今年不完全燃焼だった方は、早いうちにと言わず、すぐに勉強再開することをお勧めします。

1年なんていうのはあっという間です。



さて、次に基準点を突破した皆さん、本当におめでとうございます。

次は記述ですね。記述については、基準点を気にしても仕方ないような気はします。たとえば今年の基準点が37点だったとしても結局採点基準が明らかでない以上気にしても仕方ないんですよね・・・でも、気になる気持ちはすごく分かります。

僕自身、様々な資格試験を受験しましたが、どの試験でも自分自身で合格するかどうか微妙な時は合格していることが多いです。

司法書士試験もなんか受かりそうだけどー・・あそこ間違えてたから不合格の気もする・・・など考えてましたが、なんとか合格していました。

だから、微妙な気もするけど多分合格してるだろうなーという方は勉強休んでもいいんじゃないかなあ・・とは思います。

でも、このあと口述試験も控えてるので、司法書士法や登記法の択一の勉強くらいサラッとするくらいでいいかと思います。

逆に微妙だけど合格する自信がない方は、勉強再開することをお勧めします。

じゃあ、なんの勉強するか?ですが、別に中上級講座を・・などとは言いませんが、直前期にできない勉強をするべきかなあと、例えば、過去問と模試以外の新しいオリジナル問題を解くだとか、テキストのちょっと細かい部分見てみるとか・・・(僕自身が模試と過去問以外を使っていなかったので、新しい問題は気分転換になりました)

まあ、あれこれ余計な勉強できるのも年内までですから。

年明けたら過去問、模試の繰り返しです(僕の場合、残業が激しく1日2、3時間くらいしか勉強時間しか取れなかったので、それしかできなかっただけですが)

 なんか全体的に早めに勉強再開した方がいいですよ!

的な文書になってますが・・しかしです。本試験に全力を出しきった受験生の方ほどこの時期は勉強する気が起こらないんじゃないかあと思います。

 そういう方は期間を決めて休んでください。ヽ(´▽`)/

やる気ないときに勉強しても頭疲れるだけですから。

でも、必ず休む期間を決めてメリハリを付けてください。

メリハリが大切です。

受験勉強で大切なのは、『勉強時間』ではなく『勉強に集中できる時間』です。

勉強時間が少なくても、その少ない中で集中できる環境を作りましょう。

集中するためにこの時期に息抜きすることは悪いことでもなんでもないです。

そういう息抜きできるのはこの時期くらいです。直前期にそんなことやってられないですし。

 ただ、休んでも遊んでも不安がとれない時は軽く勉強してた方がいいです。

その不安は勉強してないと取れないですから。

この時期やる気が起こらない方は、不安に感じたら勉強するくらいでいいかなあと思います。不安になってるうちはやる気が出てますから。

 まあ、結局勉強再開するかどうかは皆さんの判断になりますが、この時期にしかできないことが沢山ありますので、今を無駄にしないように、どう過ごすのか?を今一度検討してみてください。



8/10(月)基準点の発表がありました!

<基準点発表を受けて>
↓法務省より基準点発表がありました↓
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00224.html

【中山講師のメッセージ】
平成27年度の本試験から約1ヵ月が経過し、基準点の発表もありました。
来年の本試験を目指される方にとっては、気持ちの切り替えの時期に入ったかと思います。
まだ学習の方針が定まっていない方は、気軽に相談にお越し下さい。

【伊藤講師のメッセージ】
基準点発表からしばらく経ちました。
そろそろ学習を再開できていますか?

今年の基準点のポイントは、午前が過去最高水準となったことです。
法務省公表の得点別員数表から考えればやむを得ない数字ですが、
5問までしかミスできないというのは相当なハードルです。
さらにクリアしていても、このラインでは午前で「合格のために必要な貯金」ができません。

この傾向が続くか否かはわかりませんが、
ただ一度出てしまった「基準点30問」という数字は繰り返されるリスクがあります。
このラインに耐えうる準備がどうしても必要です。

いろいろな思い・状況の中でこのコメントを読んでいただいていると思いますが、
今回、皆さんに強く伝えたいことを以下に記載します。
「受験する人全員、問題・基準点は同じであり、毎年合格者は輩出されます。
来年その中のひとりになる可能性は全員がもっています。
早く計画的に学習を始動し、継続していくことが大切なのです。
そのどれか(「計画的に」「始動」「継続」等…)に迷いがあるときは
是非名古屋校へお越し下さい。
一緒に考えて、早い再始動をお手伝いします!



講師アドバイザー日程
※8月分を掲載中

【伊藤講師から名古屋オリジナルコースの講義についてメッセージです。】

日々の学習と本試験当日のペースメイクの重要性について


毎年たくさんの受講生の方から以下のような声を聞きます。
「年内は順調だったのに…」
「3月末までは順調だったのに…」
「直前の公開模試までは順調だったのに…」
【順調】と評価できる時期が主観的・客観的に存在している以上
合格に必要な知識量はストックできていた可能性があります。
しかし、せっかくの知識量を活かし続けることができず、合格できていない…。
この差は、主にペースメイクの不備、具体的には各法律の学習サイクル・ローテーション等の
中期・短期のスケジュール管理不足からきています。
さらに、ペースメイクの重要性は本試験当日にも該当しています。
特に午後の3時間についてもう一度振り返ってみて下さい。
しっかり時間を管理し、自分自身をコントロールできていたのかと。
どこを勝負所と考えて時間を使うのか、逆に割り切って捨てるのか、
その勝負勘を磨いていく必要がどうしてもあるのです。

私がペースメイカーになり、みなさんと一緒に合格のための「ペース」を「メイク」していく。
自分ひとりでは描きにくい部分を私がしっかりお手伝いして、来年合格していただく。

日々の学習も本試験当日も伊藤と一緒にしっかり「ペースメイク」する。
今年の私の名古屋オリジナル講座のメインコンセプトです。

合格に向けて一緒に一歩一歩着実に進めていきましょう!

【中山講師からのメッセージ】『本試験お疲れ様でした』

中山講師から受験生に向けてメッセージが届きました。



本試験お疲れ様でした。

本試験から2週間が経ち、気持ちの整理も出来てきた頃かと思います。

司法書士試験は直前期の追い込みだけで合格できる試験ではありません。

今のこの時間をどう過ごすのか?

しっかり休養し、体力を充電することは勿論重要ですが、来年の合格を勝ち取る為には、早い時期からしっかりとした学習プランを

計画し、実行して行くことが大切です。

まずは名古屋校に足を運んでみてください。

一緒にベストの学習プランを設計しましょう。

司法書士 中山

【伊藤講師からのメッセージ】『本試験お疲れ様でした』

伊藤講師から受験生に向けてメッセージが届きました。


本試験お疲れ様でした。

今感じている「悔しい」「歯がゆい」「情けない」などの素直な感情を大切に保存・維持して下さい。

その感情が日々の学習の大きな活力源になるはずだからです。

そして、まずは、この本試験までの自分をしっかり分析し、来年に向けて前向きに学習プランを設計することから始めましょう。

そのお手伝いをみなさんひとりひとりとていねいに行っていきます。

名古屋校でお待ちしていますので、遠慮なくアクセスしてきて下さい。


司法書士伊藤
プロフィール

LEC名古屋校司法書士

Author:LEC名古屋校司法書士
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR